初恋を思い出す『初恋プラン』

明治の文豪、島崎藤村が癒された『中棚温泉 中棚荘』では、10月30日の「初恋の日」の制定にちなみ、『初恋プラン』を10月1日〜11月30日までの期間限定で販売いたします。

「初恋」をりんごの甘酸っぱい味に例え、夕食時には地元のリンゴで作ったシードルで乾杯。料理内にもりんごを使った一品をご用意。そして滞在中には、3種類のりんごジュースの飲み比べセットをお好きな時にお召し上がりいただけます。お帰りの際には、地元のりんごをプレゼントする、りんごずくしのプランとなっています。

開発への想い

初恋の日は1898(明治31)年、島崎藤村が「文学界」46号に「こひぐさ」の一編として「初恋」の詩を発表したことに由来して制定されました。詩の中で少年が、りんご畑で前髪をあげたばかりの少女に出会い、恋が始まります。

Withコロナ期にソーシャルディスタンスが叫ばれる中、人と人との心の距離は離れたくない。この時期に改めて「心の距離」をもう一度、思い出していただきたい。

旅にはそんなチカラもきっとあるはず。

私たちは滞在中に旅人の心が近づくようなお手伝いができればと思い、このプランを作成しました。

ポイント1 Gió Hillsワイナリーで作られるシードルで乾杯

2018年に分社化した中棚荘の姉妹店、Gió Hillsワイナリーで作られるりんごのシードルで乾杯。りんごの香りで初恋を思い出す!?

ポイント2  りんごを使ったオリジナルのお料理

初恋プランに合わせ、中棚荘の調理人がりんごを使ったオリジナルの料理を考案。りんごの意外な料理方法に驚き!?

ポイント3 地元産リンゴジュースの飲み比べ

長野県は全国2位の出荷量を誇るりんごの名産地。たくさんの種類からできるりんごジュースの飲み比べセットをお楽しみいただけます。

ポイント4  旅の思い出に、りんごのお土産

旅のあとも『初恋』の余韻を。そんな想いから、お帰りの際、長野県産のりんごのプレゼントをご用意。

甘酸っぱいりんごの味を感じていただき、初恋に想いを馳せる旅はいかがでしょうか。

「初恋プラン」概要

期間:10月1日〜11月30日

料金:1泊2食付き、1泊夕食付きプランに税込2,000円プラス料金

予約:中棚荘予約ページ

お問い合わせ

TEL:0267-22-1511

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

中棚荘

信州・小諸は、小諸城(現・懐古園)の城下町、そして善光寺に通じる北国街道(ほっこくかいどう)の宿場町で、昔町の面影を色濃く残しています。 また、島崎藤村が「小諸時代」といわれる足掛け7年間をすごし、「もっと自分を新鮮に、そして簡素にすることはないか」(島崎藤村『千曲川スケッチ』より)と考え、ついに文学者として生きようと、決意した地でもあるのです。 そんな、小諸にある「隠れ宿」が中棚荘。 島崎藤村ゆかりの宿で、「もっと自分を新鮮に、そして簡素にすることはないか」をテーマに宿を営み、当主で5代目を数えます。 中棚荘は、平成館、大正館、そして登録有形文化財の食事処「はりこし亭」の3つの建物があります。 小さな宿ではありますが、どうぞごゆっくりとお過ごしください。