今年も中棚荘がある小諸市のお隣の佐久市にて、『佐久バルーンフェスティバル2019』が5/3(金)〜5/5(日)の3日間で開催されます。

こちらのイベント、GWに開催される県下最大級の熱気球大会ということもあり、全国各地から毎年多くの観客者が訪れる人気イベントです。

40機を超える色とりどりの気球が佐久高原のさわやかな風に乗って飛行する姿は圧巻で、子供だけではなく、大人の方もお楽しみいただけます。

そして今年は、あの『北斗の拳』とコラボした熱気球も登場!?

その他、屋台や各種イベントが行われ、3日間で行われるフェスティバルは大変賑います。

毎年、このイベントに参加されるために訪れるお客様もたくさんいらっしゃり、みなさま朝早くからフェスティバルを楽しみにお出かけせれていきます。

中棚荘へお越しの際は、普段は体験できないバルーンフェスティバルへ、楽しい思い出作りにお出かけしてみてはいかがでしょうか。

【会場】

【問い合わせ】

●佐久バルーンフェスティバル組織委員会 事務局
佐久市役所観光課内
〒385-8501 長野県佐久市中込3056
TEL:0267-62-3285(直通)
FAX:0267-62-2269

熱気球グランプリ運営機構(AirB) http://www.air-b.com
〒189-0022 東京都東村山市野口町4-20-2
TEL:042-394-9078
FAX:042-394-9540

佐久バルーンフェスティバル2019 イベント詳細情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

中棚荘

信州・小諸は、小諸城(現・懐古園)の城下町、そして善光寺に通じる北国街道(ほっこくかいどう)の宿場町で、昔町の面影を色濃く残しています。 また、島崎藤村が「小諸時代」といわれる足掛け7年間をすごし、「もっと自分を新鮮に、そして簡素にすることはないか」(島崎藤村『千曲川スケッチ』より)と考え、ついに文学者として生きようと、決意した地でもあるのです。 そんな、小諸にある「隠れ宿」が中棚荘。 島崎藤村ゆかりの宿で、「もっと自分を新鮮に、そして簡素にすることはないか」をテーマに宿を営み、当主で5代目を数えます。 中棚荘は、平成館、大正館、そして登録有形文化財の食事処「はりこし亭」の3つの建物があります。 小さな宿ではありますが、どうぞごゆっくりとお過ごしください。