~木のぬくもりを感じよう!~

あなただけのオンリーワン木製スプーン” の手づくり体験をしてみませんか?
地元産の木材にこだわり、日々の暮らしに彩を添える、文具、家具、食器、雑貨等を創作されている長和町の『ナガワクラフト』さんとのコラボレーションによる木製スプーンの手づくりワークショップです。

選ぶ木によって、香りや感触も違い、自分自身のオリジナル作品を作成できます。

木材なので、子供にも安心です。

旅の思い出に、信州産の木材で作るワークショップに参加してみてはいかがでしょうか。

 


開催日時

7月24日(土) 10:00〜12:00、13:30〜15:30

7月25日(日) 10:00〜12:00、13:30〜15:30

8月21日(土) 10:00〜12:00、13:30〜15:30

8月29日(日) 10:00〜12:00、13:30〜15:30

参加定員:5名様/回

料金

参加費:小学生~大人 お一人様 ¥4,000(税込)

※小学生未満のお子様は、ご同伴に限り無料でご参加いただけます。

作業工程の中で電動ノコギリ、電動ヤスリを使用します。


申し込み

お電話:0267-22-1511

お問い合わせページより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

信州・小諸は、小諸城(現・懐古園)の城下町、そして善光寺に通じる北国街道(ほっこくかいどう)の宿場町で、昔町の面影を色濃く残しています。 また、島崎藤村が「小諸時代」といわれる足掛け7年間をすごし、「もっと自分を新鮮に、そして簡素にすることはないか」(島崎藤村『千曲川スケッチ』より)と考え、ついに文学者として生きようと、決意した地でもあるのです。 そんな、小諸にある「隠れ宿」が中棚荘。 島崎藤村ゆかりの宿で、「もっと自分を新鮮に、そして簡素にすることはないか」をテーマに宿を営み、当主で5代目を数えます。 中棚荘は、平成館、大正館、そして登録有形文化財の食事処「はりこし亭」の3つの建物があります。 小さな宿ではありますが、どうぞごゆっくりとお過ごしください。