スタッフ募集のお知らせ

私たちはお客様の『思い出に残る旅のお手伝い』をしていただくスタッフを募集しています。

 

 

テーマは”新鮮に簡素”

私たちは『旅』を通じて、旅が本来持っている新しい発見や出会い、新たに繋がり合うことの”新鮮さ”を伝え、ありのままの『自然体な自分』でいられるような時間を創りたい。

私たちにとっての”働く”とは

旅の目的は人それぞれ。お客様の目的に合わせて、スタッフ自らがお客様の立場で考えて行動する。

お客様を想い、想っていただける。私たちスタッフがお客様のファンになって仕事をするからこそ、私たちはお客様と心が繋がり合えると考えています。

人は人生の中で何回旅に出るだろう

一生に一度の旅。人生最後の旅。大切な人との時間。私たちは人生の中で、旅というものをその人にとってかけがえのないものと捉え、そんな大切な旅の時間を創り出すお手伝いをすること。私たちは二度とない人”一期一会”を大切に考えています。

スタッフが成長できる環境を整える

中棚荘で働くスタッフはそれぞれ仕事に対するこだわりを持っています。そのこだわりと一人一人がもつpersonality(個性)を発揮できる、それらを伸ばすことができる環境を整えていきたい。そして、成長目標と責任ある仕事を自分の意思で決定し、実行することで自己成長できる環境を整えていきます。

自分で決めるから責任感が育ち、自分で決めるから仕事が楽しくなる。

まずは、お問い合わせをお待ちしております。

お問い合わせ:0267-22-1511

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

中棚荘

信州・小諸は、小諸城(現・懐古園)の城下町、そして善光寺に通じる北国街道(ほっこくかいどう)の宿場町で、昔町の面影を色濃く残しています。 また、島崎藤村が「小諸時代」といわれる足掛け7年間をすごし、「もっと自分を新鮮に、そして簡素にすることはないか」(島崎藤村『千曲川スケッチ』より)と考え、ついに文学者として生きようと、決意した地でもあるのです。 そんな、小諸にある「隠れ宿」が中棚荘。 島崎藤村ゆかりの宿で、「もっと自分を新鮮に、そして簡素にすることはないか」をテーマに宿を営み、当主で5代目を数えます。 中棚荘は、平成館、大正館、そして登録有形文化財の食事処「はりこし亭」の3つの建物があります。 小さな宿ではありますが、どうぞごゆっくりとお過ごしください。