御牧ヶ原という360度に広がる雄大な星空と夜景

8月9日より中棚荘にご宿泊されたお客様を、普段は見られない『ナイトワイナリー』へご招待しています。

御牧ヶ原の360度の絶景パノラマ。

都会では味わえないような涼しげな風と星空と夜景。

生産者とお客様がお話しできるという点も魅力的です。

お客様それぞれの時間を過ごしていただき、旅の思い出にしていただければ幸いです。


Gió Hills winery営業について

8/7の夕方に1センチ〜2センチほどの雹が降り、ジオヒルズワイナリーの自社畑が大変な被害を受けてしまいました。

Gió Hillsがオープンして初めての夏を迎え、本来なら喫茶や売店営業を行うところですが、雹の被害で傷ついた葡萄や葉っぱを落とす作業を行なっています。

それにより8月のランチ・喫茶営業をする余裕はないと考え、誠に勝手ながらご予約を頂いておりますお客様を除き、8月中は臨時休業とさせて頂く運びとなりました。

お客様には大変なご迷惑をお掛けしてしまい、申し訳ございません。

8月中は12:0013:00の間は売店のみ営業させて頂きます。

何卒ご理解、ご了承頂きますようお願い申し上げます。

 

ナイトワイナリーの詳細

中棚荘TEL:0267-22-1511

Gió Hills TEL:0267-48-6422

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

中棚荘

信州・小諸は、小諸城(現・懐古園)の城下町、そして善光寺に通じる北国街道(ほっこくかいどう)の宿場町で、昔町の面影を色濃く残しています。 また、島崎藤村が「小諸時代」といわれる足掛け7年間をすごし、「もっと自分を新鮮に、そして簡素にすることはないか」(島崎藤村『千曲川スケッチ』より)と考え、ついに文学者として生きようと、決意した地でもあるのです。 そんな、小諸にある「隠れ宿」が中棚荘。 島崎藤村ゆかりの宿で、「もっと自分を新鮮に、そして簡素にすることはないか」をテーマに宿を営み、当主で5代目を数えます。 中棚荘は、平成館、大正館、そして登録有形文化財の食事処「はりこし亭」の3つの建物があります。 小さな宿ではありますが、どうぞごゆっくりとお過ごしください。