銀座すずらん通りにある銀座NAGANOにて、2020年2月20日(木)『世界初!老舗旅館がワイナリーをつくるまで ~ジオヒルズワイナリー ファーストヴィンテージを楽しむ会~』を開催いたします(予約制)。

今年で創業122年を迎える中棚荘から2018年11月に分社化し、オープンしたGió Hills winery

老舗旅館の新たな挑戦と創業者の想い、今後のワイン事業の展開などお話しさせていただきます。

当日は、中棚荘の総料理部長を務める横田顕による、ジオヒルズワインに合わせた信州産の食材をふんだんに使った会席料理をご用意いたします。(ワイン・シードルを3杯ずつ)

おかげさまで現在イベントが満席となり、キャンセル待ちの状態です。

キャンセル待ちの問い合わせはこちらから → イベント問い合わせ

また、イベント以外にも銀座NAGANOには、Gió Hills wineryのワインも販売しておりますので、よろしければそちらもお試しくださいませ。

皆様のお越しをお待ちしております。

イベント詳細

開催日:2020年2月20日(木)
時間:17:00~19:00
定員:24名(申込先着順)
参加費:5,000円
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

中棚荘

信州・小諸は、小諸城(現・懐古園)の城下町、そして善光寺に通じる北国街道(ほっこくかいどう)の宿場町で、昔町の面影を色濃く残しています。 また、島崎藤村が「小諸時代」といわれる足掛け7年間をすごし、「もっと自分を新鮮に、そして簡素にすることはないか」(島崎藤村『千曲川スケッチ』より)と考え、ついに文学者として生きようと、決意した地でもあるのです。 そんな、小諸にある「隠れ宿」が中棚荘。 島崎藤村ゆかりの宿で、「もっと自分を新鮮に、そして簡素にすることはないか」をテーマに宿を営み、当主で5代目を数えます。 中棚荘は、平成館、大正館、そして登録有形文化財の食事処「はりこし亭」の3つの建物があります。 小さな宿ではありますが、どうぞごゆっくりとお過ごしください。