温泉

平成館の廊下から階段を上ると温泉棟がございます。柱や梁(はり)に手斧(ちょうな)で削った巨木を配した木の香漂う内湯です。
しかも脱衣所は畳敷き。昔の「大名風呂」を連想させるつくりになっています。

春は桜を愛で、夏には生い茂る緑に包まれ、
10月から5月には湯船に地元のりんごが浮かぶ「初恋りんご風呂」もお楽しみいただけます。
「まだあげ初めし前髪のりんごのもとに見えしとき・・・」で知られる、島崎藤村の『初恋』にちなんだ「りんご風呂」。
ほのかに香る甘酸っぱい香りは、まさに初恋・・・。

内湯から外に出ると、庭園風の岩風呂が。露天風呂は竹の筒から注がれる源泉かけ流し。
浴槽ごとに温度が違いますので、そよ風を頬に受けながら、心と身体を癒やす長湯をお楽しみ下さい。

男湯

男湯 #中棚荘 #温泉 #小諸 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA


女湯

露天風呂(女湯) #中棚荘 #温泉 #小諸 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA


湯船に注がれる温泉は、中棚荘の自家源泉(アルカリ性単純温泉)。
源泉温度38.2度、pH8.6で、湯量は毎分252リットルもあり、肌がスベスベになる「美肌の湯」として人気です。
露天風呂は源泉かけ流し、内湯は循環を併用しています。
また、別棟に貸切風呂(源泉かけ流し)をご用意しています。

初恋りんご風呂

10月から5月には内湯の湯船に地元のりんごをプカプカと浮かべた「初恋りんご風呂」に!
これがお客様に大好評。
実は、手前味噌になりますが、中棚荘が「りんご風呂の元祖」なんです。
中棚荘は文豪・島崎藤村ゆかりの宿。「初恋りんご風呂」の「初恋」も藤村の詩『初恋』がモチーフ。

詩では少年が、りんご畑で前髪をあげたばかりの少女に出会い、恋が始まります。
「初恋りんご風呂」は、そんな少年のような、どきどきわくわく、
そしてほのかに甘酸っぱい「初恋」のような香りをお伝えできればと始めたものです。

今では、これがお目当ての人も多い、中棚荘の冬の風物詩になっています。

日帰り入浴

日中(11:30~14:00)、大人1000円、小学生500円、幼児300円で、日帰り入浴も楽しめます。
月2回不定休がございますので、ご来館前にお問い合わせ下さい。

効能(浴用)

神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え症・病後回復期・疲労回復・健康増進など。

飲む温泉

男湯、女湯へと上る廊下(階段)の途中に配された飲泉所。休憩所を兼ねていますので、入浴の前に源泉をお飲み頂けば、身体のなかから癒やしの効果を発揮することでしょう。
もちろん、湯上がりにも・・・。温泉は飲泉の許可を受けておりますが、この飲泉所がもっとも源泉に近い場所で、ピュアな源泉をお飲みいただくことができます。

中棚荘は、湯量豊富な単純温泉を活かし、客室やトイレの蛇口から出る水も、実はすべてピュアな温泉。
それが、隠れた自慢、そして温泉好きの注目の的にもなっています。

効能(飲用)

中棚荘の温泉は、胃の粘膜に弱い刺激を与える性質があり、慢性胃腸病、慢性便秘、リューマチ、腰痛、関節・筋肉障害、神経障害などに効果があります。