今年で8回目となる『東御ワインフェスタ2019』に、今年もGió Hillsとして出店させていただきます!

毎年9月に開催される東御ワインフェスタには、市内と近隣市町村からワイナリーやヴィンヤードが多数出店します。
地域でもなかなか味わえない地元産のワイン約30〜40種(新種含む!)と地元食材を使った料理を、立ち飲み感覚で気軽に食べ歩きや飲み歩きを楽しむことができるイベントです。

年々参加ワイナリーや出店者も増え、子供連れのファミリーやふらりと立ち寄った老夫婦など東御市近郊の地元のお客様や、遠方から訪れたコアな日本ワインファンが、思い思いに東御のワインと地元食材を楽しんでいます。

中棚荘にお越しの際は、地元ワインとこの土地ならではの料理を味わってみてはいかがでしょうか。

※写真は2018年のものです


【東御ワインフェスタ2019概】

【ステージタイムスケジュール】

【出店情報】

 

イベントチラシ

お問い合わせTEL:0267-22-1511

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

中棚荘

信州・小諸は、小諸城(現・懐古園)の城下町、そして善光寺に通じる北国街道(ほっこくかいどう)の宿場町で、昔町の面影を色濃く残しています。 また、島崎藤村が「小諸時代」といわれる足掛け7年間をすごし、「もっと自分を新鮮に、そして簡素にすることはないか」(島崎藤村『千曲川スケッチ』より)と考え、ついに文学者として生きようと、決意した地でもあるのです。 そんな、小諸にある「隠れ宿」が中棚荘。 島崎藤村ゆかりの宿で、「もっと自分を新鮮に、そして簡素にすることはないか」をテーマに宿を営み、当主で5代目を数えます。 中棚荘は、平成館、大正館、そして登録有形文化財の食事処「はりこし亭」の3つの建物があります。 小さな宿ではありますが、どうぞごゆっくりとお過ごしください。