信州小諸は、もうすぐ紅葉シーズンを迎えようとしています。

御牧ケ原のぶどうたちも、日差しを浴びて糖度をぐんぐん上げています。

さて、ジオヒルズワイナリーのメルローの収穫日が決定しました!

昨年、一昨年と雹被害により、収穫量は大きく減少していましたが、今年は無事に収穫することができそうです。

秋空のもと、一緒に収穫をお手伝いしていただければ幸いです。

初めての方やお子様の参加も大歓迎!

普段は決して味わうことのできないワイン用葡萄収穫を、お楽しみくださいませ。

ご参加いただける方は下記までご連絡ください。

秋晴れを願いながら、皆さまのご参加をお待ちしております。

日時

2020年10月21日(水)8:00〜18:00ごろ

2020年10月22日(木)8:00〜18:00ごろ
短時間参加も大歓迎!
★お昼はこちらでご用意いたします。

場所

中棚荘農園
(場所が不明な場合はメッセージでお伝えいたします。)

持ち物

軍手、帽子、飲み物、日焼け止め、サングラスなど

服装

長袖、ズボン、長靴または汚れても良い靴

(日差しが強い為、羽織れるものをご持参いただくか、肌を覆える服装をおすすめします)

お申込み・お問い合わせ

中棚荘 電話:0267-22-1511

中棚荘ホームページ
https://nakadanasou.com/news/9035/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

中棚荘

信州・小諸は、小諸城(現・懐古園)の城下町、そして善光寺に通じる北国街道(ほっこくかいどう)の宿場町で、昔町の面影を色濃く残しています。 また、島崎藤村が「小諸時代」といわれる足掛け7年間をすごし、「もっと自分を新鮮に、そして簡素にすることはないか」(島崎藤村『千曲川スケッチ』より)と考え、ついに文学者として生きようと、決意した地でもあるのです。 そんな、小諸にある「隠れ宿」が中棚荘。 島崎藤村ゆかりの宿で、「もっと自分を新鮮に、そして簡素にすることはないか」をテーマに宿を営み、当主で5代目を数えます。 中棚荘は、平成館、大正館、そして登録有形文化財の食事処「はりこし亭」の3つの建物があります。 小さな宿ではありますが、どうぞごゆっくりとお過ごしください。