Gió Hills winery 1周年記念『創作料理とワインのマリアージュ』

Gió Hills wineryがオープンして11月で1周年を迎えました。
いろいろな方々に支えられてここまで進んで来れました。
感謝の気持ちを込めて夜のGió Hillsにて、オリジナルワインと特別会席料理をお楽しみいただく食事会を開催いたします。

〈お楽しみいただくためのポイント〉

1、夜のワイナリーを味わう

普段は味わうことのできない非日常空間が広がる夜のワイナリー。そこには絶景の星空と、小諸、佐久平、軽井沢の夜景が広がります。

2、作り手との対話を楽しむ

普段はあまり聞くことのできないワインの作り手の話。ワインへの情熱や想いなど、食事をしながら作り手とのコミュニケーションをお楽しみいただけます。

3、この日のためだけの特別料理

中棚荘の料理人がGió Hillsワイナリーへ出向き、このイベントだけのワインに合わせた特別会席料理をご提供いたします。


この日しか味わえない特別会席とワインを、ぜひお楽しみくださいませ。


【日程】

12/20(金)

18:00(ジオヒルズワイナリーにて)

※宿泊を兼ねて特別会席ご利用の場合、一泊朝食料金+特別会席料金10,000円となります。

※宿泊を兼ねてのお客様はバスの送迎がございます。

【送迎】※無料

迎え 17:30小諸駅発 → 中棚荘 → ジオヒルズワイナリー

送り 20:30ジオヒルズ発 → 中棚荘 → 小諸駅


問い合わせTEL:0267-22-1511

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

中棚荘

信州・小諸は、小諸城(現・懐古園)の城下町、そして善光寺に通じる北国街道(ほっこくかいどう)の宿場町で、昔町の面影を色濃く残しています。 また、島崎藤村が「小諸時代」といわれる足掛け7年間をすごし、「もっと自分を新鮮に、そして簡素にすることはないか」(島崎藤村『千曲川スケッチ』より)と考え、ついに文学者として生きようと、決意した地でもあるのです。 そんな、小諸にある「隠れ宿」が中棚荘。 島崎藤村ゆかりの宿で、「もっと自分を新鮮に、そして簡素にすることはないか」をテーマに宿を営み、当主で5代目を数えます。 中棚荘は、平成館、大正館、そして登録有形文化財の食事処「はりこし亭」の3つの建物があります。 小さな宿ではありますが、どうぞごゆっくりとお過ごしください。