4日(金)に行われたワイン用葡萄収穫も天気に恵まれ、無事に終了いたしました。

参加してくださった皆様、ありがとうごうざいました。

今年は雹による被害があり、葡萄の状態が心配でしたが、元気に育ってくれていました。

お昼は手伝ってくれた皆さんと、Gió Hillsワイナリーにて。

働いた後のお昼は最高に美味しかったです!

今年は地元の方や宿泊のお客様も参加していただき、普段はなかなかできない収穫体験を楽しんでいただいておりました。

 

次回は、10月11日(金)にシャルドネ、メルローの収穫があります。

こちらも、収穫ボランティアを募集しています。

よろしければ収穫のお手伝いをよろしくお願いします。

お問い合わせTEL:0267-22-1511

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

中棚荘

信州・小諸は、小諸城(現・懐古園)の城下町、そして善光寺に通じる北国街道(ほっこくかいどう)の宿場町で、昔町の面影を色濃く残しています。 また、島崎藤村が「小諸時代」といわれる足掛け7年間をすごし、「もっと自分を新鮮に、そして簡素にすることはないか」(島崎藤村『千曲川スケッチ』より)と考え、ついに文学者として生きようと、決意した地でもあるのです。 そんな、小諸にある「隠れ宿」が中棚荘。 島崎藤村ゆかりの宿で、「もっと自分を新鮮に、そして簡素にすることはないか」をテーマに宿を営み、当主で5代目を数えます。 中棚荘は、平成館、大正館、そして登録有形文化財の食事処「はりこし亭」の3つの建物があります。 小さな宿ではありますが、どうぞごゆっくりとお過ごしください。