中棚荘より大切なお知らせ

 

拝啓

令和の新年号を迎え、心新たに様々な観点から目線や決意を立てられたことと思います。

平素は中棚荘をご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。1898年(明治31年)「中棚鉱泉旅館」として創業以来、今年は実に121年を迎えております。1993年(平成5年)に「中棚温泉・中棚荘」としてリニューアルし、本年で26年を迎えることができました。地元の皆様はもとより、県内外の大勢のお客様方のおかげと心より感謝・御礼申し上げます。

本当にありがとうございます。

さて、大変心苦しいお願いでございます。中棚荘オープン時より、宿泊料金変更を極力据え置いてまいりましたが、昨今のこの時代、消費税増税による多方面での値上げに伴い、中棚荘の宿泊料金も価格改定させていただくこととなりました。当社といたしましても様々な企業努力を続けてまいりましたが、現在のままでは従来の価格を維持することが困難となってまいりました。中棚荘といたしましては、断腸の思いではあります価格改定のお願いを申し上げる次第です。

お客様方にご納得いただけるよう、料理はもちろんのこと、スタッフ一同、精一杯のおもてなしに努めてまいる所存でございます。

つきましては、2019年7月1日(月)のご宿泊より新料金体系を実施させていただきます。

本日(5月13日)以降に承るご予約が新料金の対象となります。

尚、今回の発表前にすでにご予約を承っているお客様に関しましては、宿泊日が7月1日(月)以降であっても改定前の旧料金にてご用意させていただきます。

ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

敬具

 

令和元年5月13日

中棚温泉・中棚荘 6代目代表取締役社長 富岡直希

荘主 富岡正樹

         女将 富岡洋子

※おひとり様で1室ご利用の場合、シングルユース料金がベット追加となります(1,000円〜)※税別

※『特日』とは、GW、お盆、年末年始を指します。

※夏の繁忙期は、平日も『休前日』料金となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

中棚荘

信州・小諸は、小諸城(現・懐古園)の城下町、そして善光寺に通じる北国街道(ほっこくかいどう)の宿場町で、昔町の面影を色濃く残しています。 また、島崎藤村が「小諸時代」といわれる足掛け7年間をすごし、「もっと自分を新鮮に、そして簡素にすることはないか」(島崎藤村『千曲川スケッチ』より)と考え、ついに文学者として生きようと、決意した地でもあるのです。 そんな、小諸にある「隠れ宿」が中棚荘。 島崎藤村ゆかりの宿で、「もっと自分を新鮮に、そして簡素にすることはないか」をテーマに宿を営み、当主で5代目を数えます。 中棚荘は、平成館、大正館、そして登録有形文化財の食事処「はりこし亭」の3つの建物があります。 小さな宿ではありますが、どうぞごゆっくりとお過ごしください。