初夏にはホタルが飛び交い、夏も朝夕は涼しい小諸。小諸駅で標高は663.0mもあります。小諸から軽井沢へはしなの鉄道利用で22分。中棚荘に連泊して軽井沢にお出かけというプランもおすすめです。軽井沢のアウトレット(プリンスショッピングプラザ)は、7月初旬から7月中旬に夏のバーゲン、8月下旬にサマークリアランスセールが開催されます。

中棚荘日帰り入浴のお休み日程をお知らせいたします

お風呂メンテナンスの日には日帰り入浴ができませんので、ご了承下さい。
ご滞在の場合は、日中、ご入浴ができませんのでご注意下さい。

引き続き吉例のりんご風呂を実施しています。
※宿泊者の方はメンテナンスが終了次第、ご利用いただけます。


6月6日(水)、6月20日(水)、7月4日(水)、7月18日(水)、8月1日(水)、8月8日(水)、8月22日(水)は風呂メンテナンスのため


上記は日帰り入浴をお休みさせて頂きます。
ご不明な点がございましたら、下記の電話番号までお問い合わせくださいませ。

なお、メンテナンス日以外でしたら、
日中(11:30~14:00)、大人1,000円、小学生500円、幼児300円で、日帰り入浴もご利用いただけます。
皆様のお越しをお待ちしております。

中棚荘 TEL:0267-22-1511

《中棚荘は、2018年、120周年を迎えます》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

中棚荘

信州・小諸は、小諸城(現・懐古園)の城下町、そして善光寺に通じる北国街道(ほっこくかいどう)の宿場町で、昔町の面影を色濃く残しています。 また、島崎藤村が「小諸時代」といわれる足掛け7年間をすごし、「もっと自分を新鮮に、そして簡素にすることはないか」(島崎藤村『千曲川スケッチ』より)と考え、ついに文学者として生きようと、決意した地でもあるのです。 そんな、小諸にある「隠れ宿」が中棚荘。 島崎藤村ゆかりの宿で、「もっと自分を新鮮に、そして簡素にすることはないか」をテーマに宿を営み、当主で5代目を数えます。 中棚荘は、平成館、大正館、そして登録有形文化財の食事処「はりこし亭」の3つの建物があります。 小さな宿ではありますが、どうぞごゆっくりとお過ごしください。