ヴェレゾンツアーのご案内


この度、中棚荘では「ヴェレゾンツアー」として旅行業務をスタートすることとなりました。

ヴェレゾンとは、ワインの醸造用語で「ぶどうの色が緑から赤紫色へと変わっていく状態」をいいます。中棚荘でワイン用ぶどうの栽培をしていること、ちょうどヴェレゾンの時期の8月に業務を開始したこともあり命名しました。旅行業務としても、ぶどうが成熟していくように、地元の魅力を発信していけるツアーを企画していきますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、記念すべき、第一回のツアーが、9月22日(金)に開催されます。

「千曲川右岸・3つの実力派ワイナリーをめぐる旅」

今回のツアーでは、今注目される千曲川ワインバレーを代表する3つのワイナリー、「マンズワイン」、「ヴィラデスト」、「リュードヴァン」を巡ります。

特に魅力なのは、それぞれのワイナリーの畑を見学できるうえ、醸造にかかわるスタッフから直接お話が聞けることです。個人で立ち寄るだけでは体験できない、ワイン醸造への熱い思いが感じられることでしょう。11種類もの極上ワインの試飲もできます。

また、ご昼食は中棚荘別邸「はりこし亭」にて、花かご膳をご用意します。お食事の際には、中棚荘オリジナルワイン「中棚シャルドネ」「中棚メルロー」もお召し上がりいただけます。

全国的にも有名なチーズ工房「アトリエ・ド・フロマージュ」でのチーズの試食、お買いものもお楽しみいただけます。

中棚荘のご宿泊を兼ねてご参加いただきますと、ツアー料金がお得になります。遠方からお越しの方は併せてご利用くださいませ。

お問い合わせ、お申込みは中棚荘までお電話くださいませ。パンフレットをお持ちの方は、申込み用紙にご記入いただき中棚荘へFAXでお送りくださいませ。

長野ワインを満喫していただけるツアーです。皆様のお越しを心よりお待ちしております。

中棚荘 ℡0267-22-1511 Fax0267-22-9191

 

ヴェレゾンツアー パンフレット

バッカス街道_Vol1_アウトライン

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

中棚荘

信州・小諸は、小諸城(現・懐古園)の城下町、そして善光寺に通じる北国街道(ほっこくかいどう)の宿場町で、昔町の面影を色濃く残しています。 また、島崎藤村が「小諸時代」といわれる足掛け7年間をすごし、「もっと自分を新鮮に、そして簡素にすることはないか」(島崎藤村『千曲川スケッチ』より)と考え、ついに文学者として生きようと、決意した地でもあるのです。 そんな、小諸にある「隠れ宿」が中棚荘。 島崎藤村ゆかりの宿で、「もっと自分を新鮮に、そして簡素にすることはないか」をテーマに宿を営み、当主で5代目を数えます。 中棚荘は、平成館、大正館、そして登録有形文化財の食事処「はりこし亭」の3つの建物があります。 小さな宿ではありますが、どうぞごゆっくりとお過ごしください。