4月20日は「ジャムの日」


今が旬のいちご。実は小諸市は「苺ジャム」発祥の地だったことをご存知でしょうか。

かつて、佐久の園芸王と言われた塩川伊一郎氏(旧三岡村)の製造した苺ジャムが明治43年4月20日に明治天皇へ献上された記録が残されており、このころジャム産業の礎が築かれたとして日本ジャム工業組合(東京・千代田区)は、この日をジャムの日に制定しました。

中棚荘では、そんなご当地グルメのジャムを使ったプランを、4/20までの限定プランでご用意いたしました。

 

【期間限定 ジャムの日記念プラン】

https://asp.hotel-story.ne.jp/ver3d/di/?hcod1=08910&hcod2=001&seek=on&def=seek

今が旬の苺ジャムを使った料理を、ぜひお試しくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

中棚荘

信州・小諸は、小諸城(現・懐古園)の城下町、そして善光寺に通じる北国街道(ほっこくかいどう)の宿場町で、昔町の面影を色濃く残しています。 また、島崎藤村が「小諸時代」といわれる足掛け7年間をすごし、「もっと自分を新鮮に、そして簡素にすることはないか」(島崎藤村『千曲川スケッチ』より)と考え、ついに文学者として生きようと、決意した地でもあるのです。 そんな、小諸にある「隠れ宿」が中棚荘。 島崎藤村ゆかりの宿で、「もっと自分を新鮮に、そして簡素にすることはないか」をテーマに宿を営み、当主で5代目を数えます。 中棚荘は、平成館、大正館、そして登録有形文化財の食事処「はりこし亭」の3つの建物があります。 小さな宿ではありますが、どうぞごゆっくりとお過ごしください。