秋風が爽やかな佳き日、はりこし亭で祝言が執り行われました。白無垢の新婦、黒紋付きの新郎がおめでたい謡と共に入場。雄蝶・雌蝶役の親族から夫婦固めの盃を、親族固めの盃を酌み交わし、新郎新婦の夫婦誓いの言葉の斉唱と、最後に新婦の綿帽子がお母様の手により外され、厳かな内に祝言が終了しました。

続きまして披露宴に移り、真っ赤な色打掛にお色直しした新婦が入場。その後に祝いの餅つきが行われました。今回は初卸の杵と臼です。その臼には何と何とハート形の木目がくっきりと祝うがごとく浮き出ていました。製作した業者さんも滅多にお目にかかる物ではないと驚いていたそうです。新郎新婦はじめ参列された皆様もカメラ・カメラで大興奮。めでたい事です。新郎新婦には末永くお幸せにとお祝いさせていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

女将:富岡 洋子

中棚荘では、ハイキング教室、スケッチ教室など数々のイベントも毎月のように行なっておりますので、ぜひそちらもお見逃しなく。 また、私事で恐縮ですが、最近始めた趣味に、バイクツーリングがあります。 勉強を兼ねた「諸国行脚」といった感じで、あちらこちらに神風出没しております。 ぜひ、ツーリング談義に花を咲かせましょう。